読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆け出しファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーになるまでの雑記。

ローソンの今後はどうなっていくか。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ12HTB_S6A011C1000000/?dg=1

 

 ローソンの業績が芳しくない。12日に発表した連結決算では、営業利益は5%減の399億円となった。今後収益力の回復が望まれる。

 9月にユニーファミリーマートホールディングスが発足し、コンビニ業界で3位に転落した。

 しかし、ローソンも何もしていないわけではない。最近では大きなニュースは2つである。

 1つめは三菱商事との連携強化だ。ファミリーマートと言えば伊藤忠であるが、商社との連携強化をすることにより大きな改革が予想される。

 もう1つは、ローソン銀行である。個人的には非常に注目している。具体的にはどのような戦略で参入してくるかということだ。流通系、ネットバンク等で見てもどれもが同じ戦略ではない。ジャパンネットのような貸付中心の銀行、セブン銀行のように手数料収入に特化した銀行もある。

 おそらく後者の戦略を真似する形になるだろう。コンビニにATMを設置し、引き出し、送金手数料で稼ぐスタイルだ。しかし、少し不安もある。ATMも安い買い物ではない。減価償却等を考えれば数を設置することだけで稼げる時代ではないからだ。セブン銀行は外国人向けに対する戦略は素晴らしい。機能だけでなく、マーケティング力も高い。

 しかし、これも長期で見ればいつかは終りを迎える。ビットコイン等の通貨の影響力が大きくなることも考えられる。ここで三菱系との繋がりから三菱UFJ銀行の仮想通貨とうまく連携できれば大きな強みになるだろう。ただの後追いではなく新たな価値を期待したい。

 コンビニ業界は非常に面白い。様々な視点から注目していきたい。